企業情報
ごあいさつ
会社概要
沿革
交通アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ



データ、刷本、デザインから
お受けいたします。


— お問い合わせ —
営業部:03-3256-3981(代)
E-mail:info@fujirepro.co.jp
FAX:03-3256-3978
FAXお問い合わせ用PDFはこちら

昭和54年5月資本金600万円をもって、富士リプロ株式会社を千代田区内神田3丁目4番6号に設立。代表取締役会長今村行夫、代表取締役社長小又和巳就任。組版のコンピュータ化に着手。
昭和55年4月電子組版システムを導入、印刷業務の拡大を計る。
昭和57年4月他機種ワープロ、互換性研究着手。
昭和62年2月他機種ワープロ互換化プログラム(第一次)完成。508dpi出力により組版処理。
昭和63年7月第二次他機種ワープロ互換化プログラム完成。同時に当社独自のソフト活用により、入出力編集・組版工程の簡略化に成功。 高密度1016dpi出力によるハイグレードな印刷ニーズに対応可能となる。
平成元年7月第1制作部を千代田区内神田2丁目4番9号に設置。情報化時代に対応したデータ通信の充実を指向す。
平成2年1月資本金を1000万円に増資。
平成2年2月資本金800万円をもって、株式会社こまつデーターシステムを東京都港区新橋5丁目31番5号に設立。電子組版、コンピュータの入出力業務、ソフト開発を主としユーザーの要望に対処。
平成2年9月ROLAND A全判機を導入、組版用コンピュータを設置。印刷物の高品質化及び製品納入の迅速化に対応する。
平成3年9月城北事業所を板橋区志村1丁目32番29号に開設。主としてマイクロ写真システム・光・ファイリングシステム等の業務拡大を開始する。
平成3年9月第2制作部を千代田区内神田2丁目4番11号に設置。入出力編集、組版の工程拡大を図る。
平成4年3月株式会社こまつデーターシステムによりソフトウェアPanandF1を開発。この新ソフト活用により、組版入出力の簡略化に成功。更にスピーディーなニーズに対応可能となる。
平成4年7月入力編集機ナショナル700A周辺機器導入による入出力作業の迅速化を図る。
平成4年9月XEROX・キャノンカラーコピー機を増設。カラー業務増大に対応する。
平成5年4月入力編集機KX−J7147510を増設する。
平成6年12月本社営業部・制作部・業務部を片山ビル2・3・4Fへ統合。効率化を図る。
平成7年1月プリントショップをトミタカビル1Fに新設。アンテナショップとしての業務拡大を図る。
平成7年1月マッキントッシュを導入し、入出力の一体化及びカラーカンプ・プレゼンテーションを迅速化する。
平成7年7月株式会社こまつデーターシステムを千代田区神田須田町1−15に移転し、連携業務を増進する。
平成7年12月城北事業所を千代田区内神田2丁目4番8号新井ビルに移転する。
平成8年10月DTPの汎用化に伴い、ゼロックス社のドキュテックを設置し高速レーザープリンタによるオンデマンド・サービスを開始。ファイル入稿による需要に対応する。
平成9年12月株式会社こまつデーターシステム資本金1,000万円に増資。
平成10年4月経営基盤の強化・拡大の為株式会社こまつデーターシステムと合併。
平成10年5月PanasonicプリプレスワークステーションKX−J100シリーズを導入。従来の文書編集に加えて写真・画像・作図の編集機能を高め、周辺機器とネットワーク化をする。カラー化・オープン化・高精度化により顧客ニーズに対応する。
平成11年3月デジタル・プリプレス・システム(DPS)の導入により、印刷工程を全てデジタル化。版下レス・フィルムレス(直接刷版出力)の印刷へ移行し効率的な印刷業務が可能となる。
一方、自社開発ソフト“リプライト”の併用によるオン・デマンド・プリンティングを導入。ハードカバー上製本仕上を可能とし、顧客サービスの向上を期す。
平成13年2月カラーオンデマンドプリントにより一冊の本をすべてオンデマンド印刷で作れる業務展開を確立。
平成13年4月Panasonic KX−J200シリーズを導入。ウインドウズ上で編集可能となり、マッキントッシュともネットワーク化をする。常時15000文字の外字が利用可能になり顧客サービスの向上を期す。
平成17年11月Panasonic J-power Advanceを導入。さまざまなソフトに対応することで顧客サービスの向上を期す。
平成17年12月大日本スクリーン製造株式会社PT-R8000Ⅱを導入。AMスクリーン(網点)よりも高精細なFMスクリーン出力が可能となる。また、CIP3の導入によりデジタルでのインク量コントロールが可能になり、印刷品質の安定化を向上させる。
平成18年2月印刷業務拡大のため伸光写植印刷と合併。工場を印刷部浅草工場に改称。
平成18年11月代表取締役会長今村行夫退任
平成19年8月プライバシーマークを取得。社内管理体制を明確にし顧客サービスの向上を期す。
平成22年4月株式会社東神堂を吸収合併。東京都千代田区神田司町2丁目14番地に自社ビル購入。
平成22年6月本社営業部・総務部・制作部・オンデマンド印刷部、神田工程管理部・製版部、神田印刷部を東京都千代田区神田司町2丁目14番地へ統合。効率化を図る。
平成24年1月RISAPRESS Color8000の導入によりオフセット印刷に迫る高画質・高精細なオンデマンド印刷を開始。新たにネットショップBOOKLEAFを設立し、フォトブックなどの作成サービスを開始する。